光回線は通信料が多くなると安定しない?

論理的には早い光回線が安定しない根拠の一つとして、光回線は近所やマンション内などで回線を分け合うため、多く使用する人の居る場所では遅くなることもあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特に遅くなり、不安定な場合はこのわけかもしれません。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約時にかかる解約金を安い値段にしたり、契約期間を縮めたりして試用期間を設けるようにすれば、契約する数が増えていくでしょう。
値段に魅力を感じても、1年以上の契約期間があっては、契約になかなか踏み出せないものです。
光回線の契約時、回線速度が速いと説明されてもいうほどイメージがふくらまないものです。
しかし、現実に使ってみると、早いという感覚はなかったとしても、遅い場合は強いストレスを感じます。
常日頃からどれくらいの速さであれば自分が快適に使えるのか知っておくべきだと感じます。